昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸物件を決める時には周辺環境のチェックの大切です。住む人の年代別に、確認するポイントは違ってきます。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸物件の周辺環境をチェックする

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
賃貸物件探しで多くの人が重要視するのが家賃と間取りです。特に若い世代の方ですと、家賃と部屋が気に入れば他には駅まで歩いてどのくらいか考えるくらいで契約に至る傾向があります。とは言え、生活する物件の周辺の環境は大切です。ですから、物件を探していて気に入った物件が見つかり現地見学をする時には周辺の環境や施設についてもチェックしておくのがポイントです。また現地見学と周辺環境のチェックは、できれば2回以上は出向いておきたいものです。これは、明るい時間帯と暗くなってからではまた違った見方ができるからです。また平日と休日では街の様子が違うこともありますから時間や曜日を変えて現地に行ってみるのがおすすめです。

周辺環境のチェック項目は、その物件に住む人の年代や家族構成によって微妙に変わってきます。ひとり暮らしをする人であれば、食事のできる店やコンビニエンスストアは必須になります。もちろん、スーパーや日用品が買える店も必要です。ファミリー層の賃貸物件探しではやはり医療機関の存在が重要です。特に小児科や、救急外来のある病院が近くにあると安心です。学齢低学年の子供がいるなら、放課後保育の施設もポイントです。高齢の方にとっては、やはり病院関係が充実している必要がありますが、年金を引き出すなどの関係でATMを利用する機会が多いので金融機関が便利な場所にあることもポイントです。また、国民健康保険や年金の手続きで市町村役場に行く機会も増えます。役所へのアクセスがよいことも大切なポイントです。

SiteRecommend

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.