昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸物件探しでは、自分が支払い可能な家賃の物件を探す必要があります。それにはまず条件を決めることが大切です。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸物件を探す時には家賃も大切

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
賃貸物件探しでは、自分が支払うことができる家賃の物件を探す必要があります。一般的には、無理のない家賃は月収の2割程度、多くても3割までとされています。それ以上の家賃になると、生活費が少なくなり生活が苦しくなる可能性が高いとされています。家賃は、さまざまな条件が影響していますから、一部の条件のレベルを下げるだけで、他の希望条件を満たした賃貸物件を見つけることが可能です。家賃に影響する条件としては、物件の種類、物件が建っている地域、広さ、築年数、周辺環境、などがあります。

物件の種類では、アパートの方が賃貸マンションに比べると家賃が安い傾向にあります。地域では、都心へのアクセスの良さなどが関係してきます。また、駅から遠い場合などには家賃は安くなります。広さは、やはり広い物件の方が高くなりますが、間取りや設備が昔のタイプだと、広くても安い家賃の場合があります。築年数は、新しいものの方が好まれるため、築年数が経っている物件は家賃を下げる傾向にあります。周辺環境は、買い物ができる店の有無や、夜道が暗い、近所に工場などがあり音がする、などが家賃には影響するようです。ですから、物件を探す時には、どの条件をメインにして探すかをまず決める事が大切です。

SiteRecommend

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.